製造2課

  1. トップ>
  2. 製造2課
 

部分生産から一貫生産まで、
高品質で多様な製品を提供します。

基板assemblyでは試作(少量)から量産まで、高密度基板や特殊基板、BGA実装基板など多種多様の製品を製作可能です。

表面実装についてはマウンターラインを形成して、3ラインで対応しています。大型基板実装ライン、量産ライン、量産補助ラインと、お客様の要望に応えられるライン構成で、実装展開します。

表面実装後は、画像検査で半田状態の品質検査やフィクチャレステスターでの通電検査を行い、より品質を確実なものにし、Discrete部品実装から半田付け及び洗浄等も一連の流れで品質・コスト・納期等のご要望に応えられるようにしています。

また、仕様に応じての検査および機能検査からエージング等、お客様のご要望に応えられる環境を作っています。

ISO(品質・環境)に準じた社内システムにより、品質および環境の維持向上に努めます。

基板組立ASSYフロー

  • 実装

    量産品は自動機で、少量品においては手作業で、部品一点一点を正確にマウントしていきます。

  • 半田付け

    ディスクリートタイプは自動半田槽で、表面実装タイプはリフロー装置で半田付けを行います。

  • 洗浄・乾燥

    半田付けにおいて付着したフラックスを洗浄し、約70度の温風で乾燥します。

  • 後付け

    洗浄できないパーツは洗浄後に手作業で後付けします。

  • 検査

    目視および自動検査機により、部品の誤実装から浮き傾き、そして半田不良を厳しく検査します。

  • 梱包・出荷

    輸送中の破損等に備え、製品は一枚一枚専用の導電エアマットで梱包し出荷します。

熊本テクノへのお問い合わせはこちら
 096-380-1633  メールフォームはこちら